スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「押絵雛」と手作りの庭

 「中津井 雛の文化まつり」 パート2です。

0550331.jpg

 お寺にもお雛様が飾られていました。

0460331.jpg

0470331.jpg

 なんと!この御殿、ある作家さんがたった3つしか制作していないという貴重なものだそうです。

0480331.jpg

 なんとまあ、珍しい! 「押絵雛」です。

0490331.jpg

 「羽子板」の技法でつくられています。

0500331.jpg

 ご住職お気に入りの3体。
ほうき、熊手、ちり取りで「福」をかき集める様子がいいそうです。

0520331.jpg

 もう一つ、ご住職ご自慢のお庭を拝見させていただきました。
長い年月をかけて裏山を削って手作りされたそうです。

0540331.jpg

 庭の一番高いところからの眺めは、最高でした。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。 
スポンサーサイト

雛の文化まつり

 蒜山からの帰り道、真庭市北房のあたりで「中津井 雛の文化まつり」の看板が目につきました。
ちょうど開催中だったので、立ち寄ってみました。

039.jpg

 ひな祭りの時期とは少しずれているので、毎年、見逃していました。

031.jpg

037.jpg

0200330.jpg

 それぞれのお宅でご自慢のお雛様を趣向を凝らして飾っておられます。

 家の中だけではありません。

0260330.jpg

 お庭にも

0180330.jpg

 満開の梅の花の下にも・・・

0240330.jpg

 通りのあちこちにこのような飾りが・・・

 昔、農作業で使っていたものですね。
町民がそれぞれの思いを句に!

町全体が温かい雰囲気に包まれていました。



「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

欧風ダイニング 「クッチーニ」

京都府北部の丹後に行ってきました。

002_20150329162052bcf.jpg

 家庭的な雰囲気の欧風ダイニング「クッチーニ」でディナーです。

0050321.jpg

 前菜

宮津湾の新鮮な魚介と地元野菜を使った料理が並びます。

006_20150329162054719.jpg
 
赤カブのポタージュ

008_2015032916205767a.jpg

 スズキのポワレ

0070321.jpg

 宮津のトラエビのスパゲッティ

010_2015032916213800a.jpg

 八鹿豚の手作りハムのサラダ

011_201503291621397fd.jpg

 メインの肉料理は魚に代えて・・・

013_20150329162141fb7.jpg

 デザート

パウダーシュガーがスプーンの形に。おしゃれ!

 これに、パンとコーヒーがついたフルコース。
地元産の食材にこだわった優しい味の料理でした。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。 

パン生地に甘酒を入れたら・・・

 お手製の小豆あんが残っていたので、あんパンを作ろうと思います。

002_2015032219041420b.jpg

 粉の半量を米粉にして、ついでに「甘酒」も入れてみました。
 
0030322.jpg

 生地が思った以上に軟らかくなり、成型にてこずりました。

006_201503221904160b0.jpg

 四苦八苦しながら餡を包んで、仕上げ発酵が終わったところです。

0070322.jpg

170℃で10分。焼き上がりました。

いつものあんパンに比べ、ところどころがひび割れてホワホワッとした感じです。

009_20150322190419386.jpg

 サクッとした軽い食感で和菓子のようなあんパンになりました。

 米粉と甘酒の「なせる業」かな?



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。 

当たりました!「文楽」招待券

 昨年の夏、地域情報紙の応募で「フルーツドレッシングセット」が当たって大喜びしましたが、またまた当たりました!

016_201503211414524d6.jpg

 今度は、「文楽」の招待券です。

人形浄瑠璃は、ずいぶん前に淡路島で見て以来です。

017_201503211410546ae.jpg

 演目は、この二つです。

 前から3列目の特別招待席です。
人形1体につき3人の使い手が細やかな動きを出します。
何より太夫の熱唱ともいうべき語り口は、迫力がありました。

 思いがけず日本の伝統芸能「文楽」に接することができて幸せでした。

013_20150321141049482.jpg

 「幸せ」といえば、今月も「暦菓子」をゲットしました。

014_201503211410500ec.jpg

春らしいお菓子です。

満足、満足!



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。 

門司港レトロ

 下関で「ふく」を食べた後、船で門司港に渡りました。

0250320.jpg

 港に着くと、もうレトロな雰囲気が・・・

0300320.jpg

 赤煉瓦の建物は、旧門司税関です。

0310320.jpg

 これは、国際友好記念図書館。(旧大連の何か?)

0360320.jpg

はね橋「ブルーウィングもじ」です。

0330320.jpg

 高いところが好きな私は、31階の「門司港レトロ展望室」へ。

0390320.jpg

 「レトロ駅ビール」と「バナナ紅茶」を飲みながら眼下の景色を楽しみます。

 門司港の売店には、バナナ紅茶やバナナケーキ、バナナカステラ・・・と、やたらバナナ製品が多いです。
ここは、「バナナのたたき売り」発祥の地のようです。

0400320.jpg

 関門橋もきれいに見えます。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。 

ふぐを食べに関門へ

 JRの「駅プラン」で関門へふぐを食べに行きました。

0240319.jpg

 新下関駅から車で15分、唐戸のフグ料理専門店「喜多川」です。
当地では、ふぐと言わず「ふく」(福)というそうですが・・・

011_20150319114344003.jpg

ふく刺し

お皿の模様が透けて見えるぐらい薄く切ってあります。
細ねぎとポン酢でいただきます。

013_20150319114346dec.jpg

中千代口(煮こごり)

015_201503191143471b2.jpg

ふくちり。ふぐの身がこりこりしています。

016_20150319114349efc.jpg

ふくシューマイ餡かけ。もっちりして美味しい!

017_201503191144516f6.jpg

ひれ酒。やっぱりこれは飲まなくっちゃね。

0180319.jpg

ふく釜めし。ふぐがいい味を出しています。

0220319.jpg

ふくから揚げにふくフライ

これに、ふく入り茶碗蒸し、香の物、デザートがついたコース料理でした。
本場のフグを堪能しました。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。 

ふき味噌

 「今年は、ふき味噌作らないの?」
娘からのメールで大慌てでふきのとうを探しました。

0010318.jpg

 もう時期遅れでしたが、県北の「道の駅」で生産者の方が特別に用意してくれました。

002_20150318141426bca.jpg

 全部で500gあります。今年は、大量に作れそうです。

0040318.jpg

 細かくみじん切りにして、少量の塩を振ってごま油で炒めます。

0050318.jpg

 しんなりしたら、火を止めてふたをします。

 香りが出てきたら、再び炒める。この作業を3~4回繰り返します。

006_201503181414307db.jpg

 だんだんいい感じになってきました。

008_20150318141448a5f.jpg

 ふきと同量の味噌、みりん少々を加えて、2~30分間弱火で練り上げたら完成です。

009_20150318141449bbe.jpg

 この時期しか作れない貴重な「ふき味噌」。今年も作れてよかった!




 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。 

ドレスデンプレート 4回目

 ドレスデンプレートの製図も4回目になりました。

010_201503161408134de.jpg

 周りが20分割で中心に複雑な模様があります。

0010316.jpg

 ペーパープレートを布でくるんで並べてみます。

0040316.jpg

 まず、2枚を中表にして巻きかがりで縫いあわせます。

0050316.jpg

 そして、4枚に。この要領で次々と・・・

0070316.jpg

 20枚を円形につなぎ合わせたら、中心の模様をアップリケします。
この作業は、なかなか難しく、何度もやり直しました。

009_20150316140743a04.jpg

 裏は、こんな感じです。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。 

「倉敷ディナーいただきます」

 「倉敷ランチいただきます」の開催期間もあと2日となりました。
この催しに参加しているお店の中には、「ディナー版」をしているところもあります。

0010314.jpg

 昨夜は、ランチで行きそびれた「割烹山部」に行きました。

0030314.jpg

 まず、運ばれたのは、「小松菜と黄ニラのおひたし」

0040314.jpg

 木の器に美しく盛られた前菜。 
今まで「鯖寿司」は、敬遠していましたが、まったく臭みがなく美味しくいただきました。

0050314.jpg

 お造り。金目鯛がトロトロでした。

006_2015031410313162d.jpg

 ブリと大根の炊き合わせ。薄味で素材の味が生きています。

0070314.jpg

 天ぷら。「ふきのとう」に春を感じます。

008_20150314103153877.jpg

 プリンのような茶碗蒸し

009_20150314103154786.jpg

 山菜ごはんに香の物

010_201503141031560bf.jpg

 デザートは、豆乳プリン夏ミカンゼリーかけ

 どの料理も上品な味で、とても美味しかったです。
これで、3,000円(税抜)は、高くないですね。

 今年も「倉敷ランチいただきます」堪能しました。


 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

ナインパッチのコースター

 またまた残り布を活用しての作品作りです。

0030311.jpg

 お気に入りのリバティの布です。

 何個かログキャビンのミニ敷物を作ったのですが、それもできないぐらい小さな端切れです。

002_201503111303076b5.jpg

 ナインパッチにすれば、まだ使えそうです。

一辺2.5㎝の小さな小さなピースをつなぎました。

0040311.jpg

 和風の無地布で周りを始末して・・・

0010311.jpg

 ナインパッチのコースター完成です。!

 残り布を無駄なく使いきりました。



「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

クリスマスローズ

 昨年、大胆に株分けしたので、今年、花がつくかどうか心配していたのですが、・・・

0040307.jpg

 どんどん芽が伸びて開花しました。

006_201503071043340c1.jpg

 一番心配していた「レッドダブル」も何とか生き延びて・・・

0050307.jpg

 今年、新たに購入した5鉢の苗も順調に育っています。

0010304.jpg

 「木守り」に残しておいた甘夏ミカンを食べつくしたヒヨドリのために枝に餌を用意しました。

002_201503071043299ba.jpg

 早速、やってきました。

0030307.jpg

 酸っぱい夏みかんをついばんでいます。
我が家は、住宅街にあるのですが、時には、野鳩もやってきたりして、思わぬ野鳥観察ができます。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。 


ヒヨドリの楽園に

 日ごとに春めき、庭の沈丁花が花開いてよい香りがします。

008_201503041302036dc.jpg

 春になって喜んでいるのは、人間だけではありません。

0010304.jpg

 「木守り」として1個だけ残しておいた甘夏ミカン。
ぽっかり穴が開いています。

002_201503041301588ac.jpg

 柚子もこの通り。

0070304.jpg

 椿の花びらもボロボロです。

 これらを食したのは、「ヒヨドリ」です。

 我が家の庭が「ピーピー」にぎやかだと思っていました。
ヒヨドリは、小鳥にしては、やや大きいので、飛び立つときバサバサッと大きな音がします。

巣箱を取り付けなくても小鳥がやってくるので、「ありがたい」ってことにしておきましょう。

006_20150304130159880.jpg

 ヒヨドリは、こんなきれいな花には目もくれないんですね。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。 

やっぱり落ち着くところは、パープル系

前回、製図した2種類目のドレスデンプレートの制作に入ります。

 0030301.jpg

小さなピースなので、残り布を使おうと思っていろいろ出してみましたが・・・

0010303.jpg

 やっぱりパープルの同色系で落ち着きました。

0030303.jpg

 お手製のペーパープレートを使って巻きかがりで縫いあわせます。

002_20150303115822f41.jpg

 周りが地味なので、センターは、思いっきり派手に。

0050303.jpg

 ここまでで、5枚のドレスデンプレートができました。
あと2~3回製図するのかな?



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

ドレスデンプレート 3回目

 ドレスデンプレートの製図、3回目です。

002_20150301122508b65.jpg

 矢車のような形です。

0040301.jpg

 方向性のある柄が合いそうなので、ストライプの布で作ってみました。

0030301.jpg

 もう1種類製図しました。

0050301.jpg

 これは、ピースが25枚あって細かそうなので、ペーパープレート(古ハガキでお手製)を使おうと思います。

00703012.jpg

 前回の作品がちょっと色がしっくりこなかったので、もう一つ作ってみました。

006_20150301122514a28.jpg

 布選びによって雰囲気が変わります。
タペストリーにまとめるとき、どちらを使うか決めます。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。
プロフィール

yoppyママ

Author:yoppyママ
岡山県在住の主婦です。
パン作りやパッチワーク、ガーデニングが趣味です。
作品の紹介や地域のお勧めスポットなどお知らせします。

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。