スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商店街にも雛飾り

 倉敷の町は、「雛めぐり」の催しで華やいでいます。

0010228.jpg

 商店街のイベントスペースに飾られたお雛様

0050228.jpg

 履物屋さんの店頭には、「つるし雛」が・・・

006_2015022815511121b.jpg

 ここは、靴やさん

008_20150228155047cb9.jpg

 手芸店には、何とかわいい「大根雛」が!

0070228.jpg

 通りには、珍しい「男雛」が飾られていました。

 町全体が春めいて、いいですね。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。 

 
スポンサーサイト

倉敷雛めぐり

 倉敷の町では、「雛めぐり」が開催されています。

017_20150226102858788.jpg

 ここは、美観地区の深渓園内にある「遊心亭」です。

0240226.jpg

 ずらりと並べられたお雛様。

0250226.jpg

 立派なお雛様ばかりです。

0220226.jpg

0230226.jpg

 先日まで東京で展示していたという 「享保雛」です。

016_20150226103851f2b.jpg

 蔵の前に国旗?
テレビドラマの撮影をしていました。

012_20150226103850245.jpg
 

 エキストラの通行人の服装はもちろん、大道具まで本物が並んでいました。
石畳の道には、土までまいて時代を表していました。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

今日の食パンの出来は?

 朝食用のパンがなくなったので、食パンを焼こうと思います。
畑で採れたにんじんが最後になったので、「キャロットブレッド」を焼くことにしました。

0010224.jpg

 ちょっと人参の量が少なかったので、生地の色が薄いです。

002_20150224122836bdb.jpg

 中型食パンケースに入れて仕上げ発酵。

0040224.jpg

 いい感じに膨らみました。

 ケースのふたをして、170℃で35分間焼きます。

0050224.jpg

 焼き上がりました。

0070224.jpg

 にんじんとハチミツの甘さがやさしい「キャロットブレッド」の出来上がりです。

 気が付けば、あと1週間で2月も終わります。

00102242.jpg

 今年は、出しそびれていましたが、今日、やっと娘のお雛様を飾りました。
お嫁に行っても娘の幸せを祈る気持ちは変わらないので、これからも毎年飾ろうと思います。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

雪を眺めながら「蒜山そば」 

 このところ暖かい日が続いていたので、「雪が少ないかな?」と思って、蒜山に出かけました。

011_2015022313154258d.jpg

 雪は降ってはいませんでしたが、積雪が30㎝ぐらいの白銀の世界でした。

012_201502231315439cf.jpg

 蒜山そばが食べたくて、「又来(またぎ)」へ行きました。

015_2015022313154634a.jpg

 店主が3年の月日をかけて手作りした店内は、木のぬくもりが感じられる温かい雰囲気です。

016_20150223131547a3b.jpg

 火鉢のあるテーブルに座りました。

017_20150223131607685.jpg

 皮つきの蕎麦を挽いて作った「玄粉そば」を注文しました。
皮なしの「丸抜きそば」に比べて、ちょっと色が濃くて、蕎麦の風味がより感じられます。

0180223.jpg

 そばせんべい。カリッとして美味しいです。

0190223.jpg

そば豆腐。もっちりとして、これまた美味です。

014_2015022313154480f.jpg

 窓の外は、雪景色です。


 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

ドレスデンプレート No.2

 ドレスデンプレートの製図2回目です。

0050220.jpg

 1回目より少し複雑になっています。

0010220.jpg

 今回は、「ペーパーテンプレート」を使ってのパッチワークです。

00302202.jpg

 プレートを布でくるんだ部品を全部で33まい作ります。

006_20150220113158f32.jpg

 となりどうしを中表に合わせて巻きかがりで縫います。

0070220.jpg

 裏から見ると、こんな感じです。

0090220.jpg

 プレートとしつけを取り、アイロンをかけると出来上がりです。

 下準備は面倒ですが、細かい角がきれいにできて、これも良い方法だと思いました。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。 

2月の暦菓子は?

 倉敷美観地区にある老舗和菓子店では、毎月「暦菓子」が販売されます。
「今月は、何かな?」と、楽しみにしながら行ってみました。

011_201502191431384c7.jpg

 苺が出回り始めたので、もしかしたら?・・・

 予想通り、「苺大福」でした。

012_20150219143139d70.jpg

 佐賀県産の苺「さちのか」を白あんと佐賀県産ヒヨクモチで作った餅で包んでいるそうです。

 017_20150219143142f9a.jpg

 お抹茶と一緒に「いただきま~す。」

013_201502191431410cd.jpg

 苺大福、大好きです。

 バレンタインのチョコレートやいただきもののお菓子はあったのですが、毎月の「暦菓子」は、食べたいのです。


 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。




甘夏みかんジャム

 庭の甘夏みかん、たくさん収穫できたのですが、どんな食べ方が美味しいか思案していました。

0040217.jpg

皮を使ったマーマレードかピールしか思い当らなかったのですが、デパートで「みかんジャム」を売っていたのを見て、試してみることにしました。

0010217.jpg

 甘夏みかんの実に砂糖を加えて、弱火で煮ます。

002_2015021713571392c.jpg

甘酸っぱい香りがして、だいぶ煮詰まってきました。

004_20150217135716289.jpg

 甘夏みかん6個でこれだけのジャムができました。

0030217.jpg

 酸味と苦味が適度にあって、なかなか美味しい「甘夏みかんジャム」ができました。
先日作った「ピール」を添えてヨーグルトにかけていただきました。



「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

デイジーのミニバッグ

 「デイジーが咲くキルトバッグ」のミニ版を作りました。

002_20150216105546e79.jpg

 小関さんの布の切れ端がいっぱい残っていたので、つなぎつないで何とか形になりました。
元のバッグの60%の大きさです。

0040216.jpg

 デイジーの花は、片面1個にしました。

0030216.jpg

 切れ端なので思うように柄は取れませんが、色合いが統一されているので、それなりに見られます。

0050216.jpg

 底も同じつくり方で。

006_2015021610555268b.jpg

横から見ると・・・

0010216.jpg

 デイジーのペアバッグ完成です!



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

「瀬戸の磯御膳」

 倉敷(岡山県)では、毎年、この時期になると「ランチいただきます」という催しがあります。
人気のお食事処が参加していて、1,500円でお得なランチがいただけます。

011_20150214135949d2d.jpg

 今日は、美観地区の入り口にある「いわ倉」という和食のお店に行きました。

0030214.jpg

 ママカリの酢漬け、柚子帆立、湯葉磯和えなど、9種の前菜が運ばれます。

0050214.jpg

 「ランチいただきます」特製メニューの「瀬戸の磯御膳」です。

0070214.jpg

牡蛎の天ぷら

008_20150214135929357.jpg

とり貝、鰆、鯛のお刺身

0090214.jpg

海鮮鍋

006_201502141359265ac.jpg

せいろ蛸めし

010_201502141359488d4.jpg

 そして、デザートプレート

 ボリューム満点で、とても美味しかったです。
 次回は、どこのお店に行こうかな?



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

パンジー満開

 今年は、町内会の役員になり、花壇の世話をしています。

0050213.jpg

 春と秋に花の植え替えをしています。

0030213.jpg

 10月に植えた苗が大きく生長し、今が見ごろです。

0040213.jpg

 パンジーやビデンスなど紫や黄色が多かったので、赤いラナンキュラスを足しました。

002_20150213113107d4e.jpg

 小さな白い花、名前が思い出せませんんが、ピンクと赤も咲き始めました。

0010213.jpg

 任期まであと数か月。大事にお世話して、次の方にバトンタッチしたいと思います。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

甘夏みかんピール

 我が家で採れた甘夏みかんを使って、「甘夏みかんピール」を作ろうと思います。

0010211.jpg

 甘夏みかんの皮を1㎝幅に切って茹でます。
3回茹でこぼしをして、最後は、皮が軟らかくなるまで20~30分煮ます。

 一晩、水にさらしてあくを抜きます。

0030211.jpg

 砂糖を加えて、弱火で煮ます。

0040211.jpg

 皮が透き通ってきます。

0050211.jpg
 

 ざるにあげて、蜜を切ります。

006_20150211142733a4f.jpg

 グラニュー糖をまぶし、まっすぐ伸ばして乾燥させます。

0070211.jpg
 

 肉厚で苦味もなく、美味しい甘夏みかんピールができました。



「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

1年越しの「お雛様タペ」 完成!

 昨年の春、「四季折々のタペが作りたいなあ!」ということで「お雛様タペ」を作りました。

 ところが・・・

0010209.jpg

 最終段階に入って、顔の表情が決まらなくて、そのまま1年タンスにしまっていました。

 今年もその時期が来ました。顔は、どうしよう?

002_20150209101329b4a.jpg

0030209.jpg

 小さめのビーズで目と口をつけました。

 ん? なかなか可愛い!

0040209.jpg

 髪飾りと扇子をつけて、完成です!

006_20150209101333680.jpg

 やっぱり季節のものを飾ると、心が和みます。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

ドレスデンプレート

 以前、「ドレスデンプレートのバッグ」を作ったことがあります。

002.jpg

 ドレスデンプレートには、いろいろなパターンがあるみたいで、手芸教室で教えてもらいました。

0010206.jpg

 学生時代を思い出して、コンパスと分度器を使って製図です。

002_2015020613035972a.jpg

 なんとか形になりました。

0040206.jpg

 このパターンを使ってピースワークしました。

 これは、基本中の基本のようで、次回は、また違ったパターンを製図します。

0050206.jpg

 布の片づけをしていて見つけた端切れを使って、小さなマットを作りました。

0070206.jpg

 花びん敷きとして形になりました。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

「デイジーバッグ」 完成です!

 「すてきにハンドメイド」で紹介された「デイジーが咲くキルトバッグ」(私流アレンジですが・・・)が完成しました。

0010204.jpg

 前面には、デイジーの花が7個。

0020204.jpg

 背面は、3個です。

0050204.jpg

 花びら同様、底の作り方もユニークでした。

0040204.jpg

 横から見ると・・・、 底布がちらっと見えて面白いです。

0030204.jpg
  
 底は、キルティングした布が3枚重なっているので丈夫そうですが、さらに頑丈にするために底板を入れました。

006_20150204142053154.jpg

 持ち手もしっかりさせるために、ふわふわ感を残しながら二重にしました。
ポケットとマグネットボタンをつけて、完成です。!!

 レッスンバッグの2代目にしようと思います。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。 

「酒津焼」のコーヒーカップ

 岡山の焼き物と言えば、「備前焼」ですが、倉敷にも「酒津焼」という窯元があります。

013_2015020313032761f.jpg

 備前焼と違って、酒津焼は、釉をかけて焼くので、このような色とつやがあります。

 普段使いのコーヒーカップがほしくて、窯元を訪ねました。

0070203.jpg

 そして、見つけたのが、これ!

 ソーサー付きだと1客1万円はしますが、カップだけなら半額以下です。

011_201502031302583ce.jpg

 後日、デパートで、このカップに合いそうなやや大きめの茶たく(銘々皿かも?)を見つけました。
「香川漆器」と書いてありました。讃岐彫りかな?

012_2015020313032626d.jpg

 カップとおそろいのソーサーよりこちらの方がおしゃれな感じです。

015_20150203130329ba0.jpg

 窯元の作家さんの言葉が心に残ります。「器は、使ってこそ器ですから・・・」

 箱に入ったまま大切にしまっていた器を出して、しっかり使おうと思いました。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。

「デイジーバッグ」 縫い合わせ方もユニーク

 「すてきにハンドメイド」で紹介された「デイジーのバッグ」を作っています。

0020201.jpg

 16枚の花弁を1枚の布を続けて縫う手法は、「目からうろこ」でした。

002_20150201131829f78.jpg

 この方法で作った10個のデイジーの花を袋の台布にアップリケして・・・

0030201.jpg

 前後の袋布と底布のキルティングができました。

 ここからの縫いあわせ方がまたユニークなのです。

0070201.jpg

 袋布と底布を外表に合わせて、2辺を縫います。

010_20150201131833aa3.jpg

 もう1方も同様に縫って、パイピングします。

011_20150201131834fc0.jpg

 前後の袋布の先を底布の上でこのように重ねて縫います。

 これで、袋の底が完成です。
キルティングした布が3枚(中央の正方形部分は、何と5枚も!)重なっているので、丈夫です。
これなら、底板は、必要ないかも?

 完成まであと少しです。



 「ぽちっ」と1クリック、応援お願いします。
プロフィール

yoppyママ

Author:yoppyママ
岡山県在住の主婦です。
パン作りやパッチワーク、ガーデニングが趣味です。
作品の紹介や地域のお勧めスポットなどお知らせします。

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。